先輩社員の声

品質の「安心・安全」を
第一に考えたものづくり

2016年入社
岡山工場・品質管理課
薬学部 医療薬学科 卒

藤森

Fujimori

品質管理課としての業務は実に多岐にわたります。例えば、代表的なものとして、お客様からの要望を営業や開発チームが製品化し、それを日々生産したものが要求を満たしているものかどうかを検査し、確認するというものがあります。現実的に一つ一つの製品が全く同じものということはなく、例えば、不織布やフィルムの厚みの違いであったり、充填液量も若干ながら変化があります。そういった、製品の規格を満たさないものの兆候がないかを日々確認しています。

バラエティー豊かな製品と、技術力に魅力を感じて

昔から、「物を作る仕事がしてみたい」という思いがありました。私がこの会社へ入社を決めたのは、幅広い種類の製品が作られていたこと、また、初めてポケットティッシュを形にした発想力と技術力に惹かれたことがきっかけです。いま現在は、品質管理という重要な業務を行う部署にいるため、問題なく生産ができているか、課題の解決方法などを考えることに日々責任の重さを感じています。今後の目標は、問題の解決力を身につけてより良い製造環境を作ることです。縁の下から、働いている方々を支えられるような存在を目指して勉強していきたいと思っています。